製薬会社の薬剤師募集をお探しの方へ

製薬会社の薬剤師募集を探すなら・・・

薬剤師の働く場としては病院の薬剤部や調剤薬局やドラッグストアーと、製薬会社や医薬品卸会社などの一般企業とに大きく分かれています。日本の製薬会社も大企業から中小企業まで、全部併せると1000社を超えています。また製薬会社と一言でいっても医療用の医薬品メーカーと、一般の大衆薬を作っているメーカーの2つに分類できます。これまでは医療用の医薬品と大衆薬の両方を作っているメーカーが多かったのですが、「病衆分離」と呼ばれる医療薬と大衆薬の専業化が進んでいます。武田薬品など大手の製薬会社の多くは、大衆薬の部門を社内カンパニー化しています。

世界の医薬品の市場規模は80兆円を超えていますが、2010年度の日本の医薬品市場規模は6兆7791億円でした。このうち医療用医薬品の割合は6兆1489億円で、大衆薬品の割合は6022億円でその比率はおよそ10:1でした。実は2000年から2010年までの10年間で世界の医薬品の市場規模は約2.4倍に拡大していて、日本の医薬品の市場規模はアメリカに次ぐ第2位ですが世界市場のシェアは逆に減少しています。この背景には日本国内の薬価の引き下げなどの影響が考えられ、2010年度の医薬品の日本の世界市場のシェアは2000年の約3分の2に縮小しているのです。

製薬会社の薬剤師募集ですが薬の研究職を、イメージされる方が多いかもしれません。しかし実際には製薬会社の研究職の仕事に就けるのは、大学院を卒業した院生で薬剤師でなくともなれるのです。また製薬会社の研究職の求人そのものが少なく、例え求人があったとしても応募者が多く難関です。研究職以外の製薬会社の薬剤師の募集を探すのであれば、製造部門の管理薬剤師の求人があります。製薬会社の製造部門には法律で必ず、管理薬剤師を配置することが義務付けられています。

管理薬剤師になるためには特に資格は必要ありませんが、製薬会社の管理薬剤師の応募条件は病院の薬剤部や調剤薬局で、最低でも3年から5年は働いた経験がある方が殆どです。医薬品の品質管理や承認を行うためミスが許されないので、新卒や経験が浅い薬剤師が応募しても採用されることは先ずありません。製薬会社で働くもう一つの薬剤師に、MRと呼ばれる職種があります。MRとは「medical representative(メディカル・リプレゼンタティブ)」のことで、病院などを訪問して自社の医薬品の品質・有効性・安全性などを伝える仕事です。

MRは薬剤師でなくともなれますが、薬に精通した薬剤師であれば有利であることは間違いありません。もし製薬会社の薬剤師募集を探しているのであれば、このサイトに掲載されている転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者があなたの希望するような条件で、製薬会社の管理薬剤師やMRの求人の紹介を行ってくれます。

製薬会社の薬剤師募集を探すならこの薬剤師求人サイト!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
お薦めポイント 言わずと知れたリクルート系の会社が運営している人気・実績を兼ね備えているエージェントです。薬剤師募集を検索するならコチラがオススメ!
公式サイト 詳細・無料申込みはこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
お薦めポイント マイナビ、リクルートに比べると知名度はありませんが、実績は十分にあります。2012年度の薬剤師登録者数がナンバー1!薬剤師を募集している医療機関の種類も豊富にあります。
公式サイト 詳細・無料申込みはこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
お薦めポイント リクルートと並んで転職・就職業界を引っ張ってるマイナビが運営するサイトです。コチラも薬剤師募集情報は豊富にあります。薬剤師の満足度が非常に高いです。
公式サイト 詳細・無料申込みはこちら